サーフィン「サーファーに適した車とは」

サーフィンは人気の高いマリンスポーツの1つです。

海外のスポーツのイメージが強いですが、日本でも江戸時代中期頃にに子供達がが平たい板で波にのって遊んでいる様子が書物や文献などに記録されています。

ですが、現在の形で普及が進んだのは先の大戦後に米軍の兵士が日本の国内で遊んでいたのがキッカケだといわれています。

ウォータースポーツということから海岸部の近隣にお住まいでない場合は遠出をする必要があるのですが、他のスポーツと比較して使用する道具はかなり特殊な物となりますので、運搬には一苦労することになります。

特にボードに関しては、ロングボードの場合は9’0″でおよそ274cmになるものから、ショートボードでも6’0″でおよそ183cmほどになりますので、車で運ぶことを考えて買い換えをする際にはどういった車種でも良いというわけではないのです。

ではサーフィンを趣味として頻繁に行うという方の場合は、どういった車に買い換えすればよいのでしょうか。

道具の長さを考えた場合に、基本的にはステーションワゴン・ミニバン・ワゴンなどのように、内部のスペースが縦に長いというのが買い換えの大きなポイントとなります。

またこうした大きめサイズの車でもサーフィンに行く際にはより多くの荷物を積むことになり、また仲間内でいく場合にはさらにらゲージスペースは狭くなるため、ボードを屋根の上にルーフキャリアに取り付ける場合もあります。

ただしこの場合にボードは空気の抵抗を非常に受けやすいので、取り付けが甘いと風にあおられ飛ばされるという大きな危険もありますので、事故を誘発しないように注意が必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

return top