安全運転を!

 先日、早起きなどめったにしない夫が、朝5時過ぎに起きてきて、さらに、いつもはテレビをボーッと無言で見ているだけなのに、その日に限って突然、しゃべりだしました。
何事かと思っていたら、どうやら、前日にスピード違反でおまわりさんに捕まったらしく、私に郵便局に行って違反金を払ってきてほしいと、金額の書いた請求書を差し出してきました。
紙に書いてあった金額は1万5000円。
でも、私も最近、夫のスピードの出しすぎが気になっていたところだったので、これで少しは反省して安全運転をしてくれるかな…と思い、郵便局に支払いに行ってきました。

 しかし、この郵便局の窓口の人がとても丁寧な方で、請求書を見ながら、「確認します。
日付は○月○日、金額は1万5000円ですね。
」と1回ならまだしも、3回も確認してきました。
私としては、夫のスピード違反とはいえ、早く支払って、この場を立ち去りたいのに。
若干のイライラを感じつつ、なんとか無事支払い、郵便局を後にしました。

 ですが、なぜか支払いを終えた途端、1万5000円あれば、美味しいものが食べられるのに…とか、給料日前の1万5000円は痛すぎるだろ…とか、なんで私が払いに行かなきゃいけないんだろ…とか、私の怒りが徐々にヒートアップしていきます。

 そこで、私は、車の運転手側のサンバイザーに1万5000円の領収書を貼りつけることを思いつきました。
一人ニヤつく私。

 もう少ししたら梅雨が明けて、太陽の光が眩しい季節になります。
夫がサンバイザーに手をかけた時、再び反省してもらいましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

return top