私が愛車を買った時の話。

  • 2014-9-29
  • 車の売買
  • コメントは受け付けていません。

私が現在も乗り続けている愛車を購入したのは
もう10年以上前のことになってしまいました。
買った時も大事に乗り続けようと思ったものですが、
こうしていまも元気に走っていてくれていることに感謝してます。
この車の前には軽自動車に乗っていました。
当時はまだ少なかった背の高いタイプの車で、
身長も座高も高い私はその手の車にすっかり慣れていまい、
次の車も同様に頭の上のスペースに余裕のある車が
欲しいと思っていました。
軽自動車からは卒業したいと思っていましたので、
手頃なコンパクトカーから選ぼうとすると
自ずと車種は限られてくるもので、
大手の各メーカーから1モデルづつといった感じでした。
特に特定の車にこだわりがあったわけではなかったので、
定石通りにひと通りの販売店から見積りをもらい、
値引き交渉することにしました。
販売店の営業マンのキャラクターにも寄るところですが、
日産の販売店ではあまりフレンドリーな対応はしてもらえず、
とても事務的な対応に終始し、値引き交渉にも
あまり応じてはもらえませんでした。
トヨタとホンダではかなりワガママな要望にも乗ってもらえて、
ここで買いたいという気持ちになることが出来ました。
車と販売店を決めた決め手はレスポンスの速さです。
質問や交渉に対する回答がすぐに得られることが
気持ちよさと同時に安心感につながります。
対応力があるということは確かな知識と経験の
裏打ちであると判断出来ますので、
そのような販売店と営業マンを選びました。
その後もよい付き合いをさせてもらっています。

関連記事

コメントは利用できません。

return top